30代がオナ禁する際に気をつけること

30代になると、おそらく仕事も多少なりとも重要なポジションについているケースも多く、忙しく、また性欲も落ち着いてくるでしょう。

よっていくらオナ猿状態でも毎日オナニーしている人は少ないと思います。おそらく2日に1度〜3日に1度くらいがボリュームゾーンで、人によっては週に1度という人もいるかもしれません。

実は、オナ禁は30代が最も効果を発揮する年齢なのです。他人と差がつくのは30代からです。

なぜなら、20代のうちは一般的に30代と比べて体力がありますから、オナニーをしても体力を使い果たさないからです。

射精で消耗するエネルギーは20代も30代も変わらないのですが、30代では体力が落ちているため、エネルギー消費の打撃が大きいんです。

また30代では結婚生活をしている人も多くなります。

そうなると、おなにーによる無駄うちは、セックスレスの原因にもなります。ちゃんと精力を蓄えて、計画的な放出をしなければ夫婦関係が悪化しますし、子作りにも影響が出ます。

オナ禁との付き合い方で差が出るのは、30代からが本番である。

このことを忘れないようにしたいものです。社会的に責任のある人間は、つねに最高のコンディションを心掛けなければいけません。

考えてもみてください。

もしもあなたの会社の社長が、オナ猿で毎日おなにーによって疲れ果てた身体で仕事をしていたらどう思いますか?

社員の生活がかかっている大切な立場の人がそんな調子では、不安でしょう。

これは家族の大黒柱である夫や父としてのオーラにも関わってくる話です。オナ禁しているとオーラが出て、家族への影響も変わってきます。

 

オナ禁は筋トレなどの肉体改造と相性が良い

30代になると、肉体的には20代のように無理は効かなくなってきます。ですが、適切なトレーニングとオナ禁を併用することで、圧倒的なバイタリティを身につけることが可能です。

20代の自慰行為と30代の自慰行為は意味合いが違います。30代の自慰行為は、1回でものすごく大きな体力を奪います。単に気持ちいいからという理由だけで射精を繰り返すことは、直接出生にも影響するほど大きな問題となります。

肉体は、筋肉などのハードウェアと、精力というソフトウェアによって構成されています。見逃されがちですが、オナ禁で精力を温存することによって、筋肉繊維、関節、骨など身体を構成する様々な要素に好影響を与えます。

試しに、比べてみてください。筋トレを週に3回行うとします。その期間にするオナニーの頻度を、1週間に1度の場合と、3度行う場合で比べてみるのです。

体力の違いに驚かれると思います。筋トレでつかれた身体の回復力の違いにも驚かれると思います。

オナ禁は時間の経過とともにその真価を発揮します。その効果はすでに他のいろんなサイトで書かれていると思いますので、このサイトではオナ禁を利用した肉体改造について掘り下げていきます。