オナ禁は筋トレなどの肉体改造と相性が良い

30代になると、肉体的には20代のように無理は効かなくなってきます。ですが、適切なトレーニングとオナ禁を併用することで、圧倒的なバイタリティを身につけることが可能です。

20代の自慰行為と30代の自慰行為は意味合いが違います。30代の自慰行為は、1回でものすごく大きな体力を奪います。単に気持ちいいからという理由だけで射精を繰り返すことは、直接出生にも影響するほど大きな問題となります。

肉体は、筋肉などのハードウェアと、精力というソフトウェアによって構成されています。見逃されがちですが、オナ禁で精力を温存することによって、筋肉繊維、関節、骨など身体を構成する様々な要素に好影響を与えます。

試しに、比べてみてください。筋トレを週に3回行うとします。その期間にするオナニーの頻度を、1週間に1度の場合と、3度行う場合で比べてみるのです。

体力の違いに驚かれると思います。筋トレでつかれた身体の回復力の違いにも驚かれると思います。

オナ禁は時間の経過とともにその真価を発揮します。その効果はすでに他のいろんなサイトで書かれていると思いますので、このサイトではオナ禁を利用した肉体改造について掘り下げていきます。